りんぐりんぐの家ロゴ

りんぐりんぐの家 お問い合わせTEL:0120-18-9636 マップ

愛知県豊川市・名古屋市の工務店 注文住宅・新築はりんぐりんぐの家へ。
豊川 豊橋 東三河 名古屋を中心にお客様の思い通りの家を造るお手伝いをします!

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

土地探しからお手伝いします

  • 土地探しのための3ステップ
  • 3資金計画
3トータル資金計画

「いい土地を選びたい!」
と言っても、予算の上限は必ずありますよね。多くのお客さまがご希望条件のかなう土地が見つかった時に、他の人に取られちゃわないようにと急いで買おうとされますが、そこは一息入れましょう。

一例をご覧ください

Aさんの場合

予算3000万円で考えていて、希望の条件がすべてかなう土地を1500万円で発見!
予算の半分残しておけば希望の家が建つだろうと、見切り発車で土地の契約を急いでしまいました。

しかし実際には

1500万円の土地に対して、仲介手数料が50万、銀行の諸経費が50万、とみるみるうちに金額が膨らみ、実際に家(建物)に使えるお金が残り1200万円しか残らないことに。
契約した後に「もう少し土地が狭くてもよかった」「郊外の坪単価の安いところでも良かった」と後悔しても後の祭りになってしまいました。

Aさんの場合イメージ

そしてAさんは、残り1200万円の範囲内でのプランニングを余儀なくされ、建物の希望を色々と我慢することになってしまいました。

Bさんの場合

Aさんと同じく予算3000万円で考えていて、希望の条件がすべてかなう土地を1500万円で発見! しかし、資金計画にて「希望の建物の概算」「土地・建物にかかる諸経費」などの話を聞いていて1500万円の土地は高すぎると判断しました。

その結果

希望条件を見直して、車通勤なので郊外の住宅地でもいいなと思い、再度土地を探したところ前回とほぼ同じ条件の郊外の土地を発見!金額は1300万円、しかも土地の大きさをかえることも可能とのこと。
そこで、Bさんは建物の計画と資金計画との折り合いを考えて、土地の大きさを少し狭くして1200万円にて契約できました。

Bさんの場合イメージ

Bさんは無駄のない土地で、残りの1800万円をこれからの資金に使うことができ、大満足の家を建てることができました。

この一例を見ただけでは「私はAさんのようにはならない」と簡単に言えてしまうのですが、Aさんのような落とし穴におちてしまう人が本当に多いのです。

そうならない為に

りんぐりんぐの家では、土地探しの段階から建物の計画を含めた資金計画をし、どのような諸経費がどの時にかかるのか、そしてそれをどのように返していくのかを細かくプランニングさせていただきます。

土地・建物にかかる諸費用を確認する

このページのトップへ





サイトマップ